避けようがない加齢臭は早めのケアを|化粧品で被害を抑える

透明感のある肌へ

ソープ

毛穴の開きや詰まりが気になるとか、肌がざらついていてくすみが気になるなど、毛穴や角質の悩みを抱えているなら、洗顔にピーリング石鹸を導入してみましょう。たんぱく質汚れを溶かしだして落とす作用があるピーリング石鹸は、毛穴や角質をきれいにするのに最適です。フルーツ酸という肌に低刺激な酸が汚れを溶かして除去してくれますから、普段の洗顔では落とせない毛穴の奥の汚れを一掃することができます。また、古い不要な角質も一緒に除去できますから、肌のざらつきやくすみがきれいになって、肌のトーンが明るくなって透明感が戻ってきます。ターンオーバーを正常に戻してくれますからシミなどを排出しやすくなり、美肌の土台作りに役立ちます。

マイルドなフルーツ酸の力で汚れを落とすピーリング石鹸は、スペシャルケア的に使うのが基本です。週に1回程度の使用で充分効果がありますし、逆に使いすぎると肌を傷めてしまいますから、使用頻度には注意しましょう。普通の洗顔料と違ってピーリング石鹸は泡立ちにくいですから、泡立てネットなどを使用してしっかりとした泡を作りましょう。そして、肌に乗せたら泡パックすることで、汚れを溶かし出してくれます。泡パックの時間が長すぎると肌がダメージを受けてしまいますから、説明書などをしっかりと読んで、放置時間は守るようにしましょう。しっかりと泡を洗い流すようにして、洗顔料を肌に残さないのが大切です。洗顔後は肌が敏感になっていますから、たっぷりと保湿して肌を保護するようにしましょう。