避けようがない加齢臭は早めのケアを|化粧品で被害を抑える

選び方とは

洗顔

洗顔せっけん選び

洗顔石鹸の選び方について。洗顔石鹸を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。まず洗顔石鹸を選ぶ際には、合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。合成界面活性剤が含まれていると、洗浄力が高く泡立ちが良いのですが、皮脂を余計に落としてしまいます。その結果、肌が傷んだり、乾燥を招いたりしてしまうのです。また傷んだ肌は、皮脂を分泌することでそれを修復しようとするため、フキデモノの原因にもなります。そして弱アルカリ性のものを選ぶことも大切です。皮膚は本来は弱酸性ですが、アルカリ性のものを使うことで、肌を弱酸性に戻そうとする力が働きます。こうした刺激が、肌にハリと弾力を取り戻させるのです。

弱酸性石鹸には注意する

弱酸性石鹸は肌に優しいため人気がありますが、筋肉と同じで、適度な刺激を与えなければ肌は劣化していきます。しかし、アルカリ性が強いと、刺激が強すぎて肌を傷めてしまいます。そのような理由で、弱アルカリ性のものを選ぶと良いのです。洗顔石鹸を選ぶ際には、「無添加」にも気を付ける必要があります。無添加石鹸の中には、純度の高い純石鹸があります。余分な添加物を含んでいないものです。しかし、添加物を一切含まない純石鹸は、通常洗顔石鹸に含まれているはずの保湿成分が含まれていないため、肌の乾燥を招きやすくなります。洗顔石鹸は完全無添加である必要はなく、むしろ保湿力を補うための添加物が入っている方が肌に優しいと言えるのです。